スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマ

クマ・・・と言っても雑種仲間で可愛い~くまちゃんではなく・・・・

ホンマモンのクマの話し。

楽しい話しではないので、注意

ムサシの手術が今日!だっつーのに、熊の話し。




ちょっと気になる事があって「人食い熊」なるものを検索していた。

ここ九州、そして四国では「熊」は絶滅した。と言われてます。
ここで言う「熊」はツキノワグマ。
なので、最近頻繁に目にする「熊」による獣害は
本当にTVの中の世界。の華地方。

で、今日書くのは「羆ヒグマ」の話し。

羆は日本では北海道にしか生息していない。
北海道に生息しているのはエゾヒグマ。

成獣では体長2mを越え体重も最大で500kくらいになるらしい。

で、私が何を気になって調べていたかとゆうと
とある映画(人食い熊題材)をみていて、映画のシーンの中で
数日間に何人もの人を襲い、また大勢の人がいる中
熊が人を襲いに来るとゆうシーンを見て

そんなに数日間で何人もの人を襲うの?って疑問
※普通、動物はお腹を空かせている時にしか獲物は襲わないと思う。
 自然界では毎日食事を捕れるとは限らないので
 人一人食べたのなら、1週間くらい人里には降りないんじゃない?
 って思ったから。

大勢の人がいる中で平気で襲ってくるの?
※人が大勢いたら警戒して逃げるのでは?と思った。

そんな疑問から、ちょっと調べてみた。

みなさん、ご存じでしょうか?三毛別羆事件

ウィキペディアをリンクしてますが、結構詳しく内容を書いてあるので
ちょっとグロいですので、読まれる方は注意してネ

日本で最大の悲惨な獣害(食害)事件
死亡者は胎児を含め8名重傷者3名。

場所は北海道三毛別六線沢。大正4年11月の出来事です。
当時、まだ開拓中で開拓村が数村あり、人々は収穫した
収穫物を出荷する作業を行っていました。
なので、村には収穫物が沢山あったんですね

それを狙って、この羆が村に現れました。
最初はトウモロコシが被害に遭っただけで済みました。
その後、羆は何度も村に現れます。開拓中の北海道ですから
自然動物が収穫物を狙って来る事は度々あったようですが
羆の足跡の大きさに懸念を持った人々はマタギを呼び羆を
待ち伏せる事にしました。三度目に現れた時、銃で羆を狙いますが
取り逃がしてしまいます。

そして12月9日。太田家で妻と子供が羆に襲われる惨劇が起こり
次々と人々が12月14日にマタギの山本兵吉によって羆が射殺されるまで
襲われていきます。

この話は、事件を生き残った人、そしてその事件を追った
ノンフィクション作家木村盛武によって調べられ
かなり事細かく羆の行動が記録されています。

この事件を読んでいて、「熊は恐ろしい」と心の底から
思いました。
なぜなら、何人も人のいる民家に押し入り、一人を攻撃していても
逃げまどう人々を次々に襲うのです。
大抵の他の野生動物は、獲物を仕留めると、それ以外には興味を
示さなくなるものですが、熊は違うのです。
捕食の最中であっても目に留まる動くモノを追う習性があるのです。

そして、獲物への執着心。

羆は最初の被害者太田家の妻の体を集めた小枝の下に隠していました
熊には獲物を「保存」する行動が見られます。
食害されていましたが、遺体を家へ持ち帰り通夜を行っていた晩に
再び、羆は現れます。

この羆は以前にも女性を食害していた事が、解剖された
胃の内容物から分かるのですが、最初に女性を食害した事から
女性に強い執着心を抱いていたようです。

そして1970年に起った福岡大学ワンダーフォーゲル部
(山歩きをする部活動)
の3人が日高山脈で、やはり羆に襲われ命を落としました。

この羆は最初テントに現れ、食糧などを漁っただけでした。
しかし、メンバーは羆の生態をよく把握していなかったのでしょう
登山を続けます。羆は再び現れます。この時はテントに爪後を残し
立ち去ります。
段々と恐怖を感じたメンバーは、別のパーティに救援を要請するように
伝達します。
その後も羆は執拗にメンバーの後を追います。

テント・食糧を漁った羆は、多分このテントやザックを自分の所有物
としていたのでしょう。
獲物への執着心から、メンバーを追い襲ったと推測されています。

この羆は後日射殺されますが、胃の内容物からは人間は出てこなかった
4歳になる未交配の雌で、ただ遊びのように襲っていたようだったと
書かれています。



熊にもし遭遇したら、まず慌てて逃げない。
もし逃げて、熊の目に留まったら、彼らは山の中でも
時速50kくらいで走る事ができます。
到底逃げ切れません。

静かに、とにかく熊の注意を引かない事が大事なようです。

火も恐れません。熊の弱点は鼻と目。
クマ除けスプレー(トウガラシ成分)は、かなりの確率で
クマの動きをストップさせるようです。

むやみやたらに熊は人を襲ったりはしませんが
福岡大学のメンバーを襲った熊のように若い固体では
興味本位から人に近づいてくる場合もあるかもしれません。


これから春になり、熊達も冬眠から目覚めます。
森林伐採などで住処を追われた熊達が食べ物を求め
人里近くまで降りてきたりもする時期です。
今まで現れなかった場所にも現れて来るかもしれません。

熊を侮らず、注意が必要です。

熊は泳ぎも得意で、20kくらいの距離を泳ぐ事も
確認されています。




さて、ムサシを病院に連れていってきます!



●飼い主さん緊急入院の為、25匹の猫と1羽のウサギの里親募集情報など
 里親情報が掲載されています。→→→おでぶにゃんこ徒然日記


ランキング

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ







スポンサーサイト

テーマ : ☆多頭飼い☆
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前、再現ドラマでこの事件を知りました。
大変ショッキングであり、ヒグマの執念深さをひしひしと感じました。
自然を切り開き生活範囲を広げているのは人間なので、出来れば野生動物の生活も守っていくべきなんでしょうが肉食獣相手はちょっと難しいですね。
興味本位で餌(人間の食べ物)をあげない事が大事ですね。
味を覚えてしまいますから。

なんてグダグダ書いちゃいましたが、ムサシくんいよいよ手術ですね。
ハゲは広くてもいい、ただ腫瘍は小さくお願いします!!。
無事に終わります様にお祈りします。
ムサシくん、頑張れーーー!!!。

No title

熊出没、射殺のニュースを見るたびに
人間が破壊した自然、その中で懸命に生きている野生動物を排除することだけで解決して良いものか??と思って来ましたが、肉食動物との共存、口で言うほど簡単なことではないのかもしれませんね。
せめて、人間は被害に合わないよう、自分の身を守る注意しなくてはいけませんね。

ムサシ君、手術は無事に終わった頃かな??
早く元気な姿が見られるよう楽しみに待ってるからね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

羆の話
本で読んで知りました
通夜の晩でも個体に執着し取り返しに来るっていう恐怖
クマ牧場が廃業されたあと、その熊が的な話(フィクション)でしたけど
それなら本州で起こってもおかしくないなぁとぞっとしたのでありました

ムサシくんお疲れ様
可愛い(?)落ち武者姿を見れるの待ってます~

コメントありがとうございます

三毛ばあさん、おでぶにゃんこさん、桜さん
コメントありがとうございます!

ムサシは無事に(とゆーか相変わらず「俺帰る」と半ば強引に
家に帰って来ました。)
夕方麻酔から覚めたばかりで、まだグッスリ眠っています。

みなさん、ご存じですね~さすが!!
肉食獣との共存。難しいですね。
なにせ日本は狭く、そして人間はどこにでも入りたがります。
羆からしてみれば普通の行動でも、人からみれば
残虐極まりない行動。
そういった性質を知らないまま野生動物に出会う事は
とても危険ですね。私も捕食中に他の獲物を追うとは
思っていなかったので、もしも遠くからでも食事中の羆を見かけたら
安易に写真を撮ったり、眺めていたかもしれません。
危険な行動ですね。
人と動物の共存とゆうのは、簡単な様で難しい問題ですね。

桜さん!その本私も読みました!持ってます。笑
読んでいた時はフィクション・・・って感じでしたが
色々と調べてみると、実際に起りそうな事だとゾッとしました。


No title

むさしくん、お帰りなさい~。
今はまだぐっすりおうちで寝てるかな。
むさしくん華さんお疲れ様でした。
一瞬、え?クマ???
って題名みてびっくりしちゃいました(笑)
くまちゃんの話じゃなかったのね、、、、(え
でも、すっごい衝撃的なおはなし・・・・・!
こんな凶暴な一面があるとは知りませんでした。
野生動物って必要以上に殺傷したりしないと思ってました。
羆はまたメカニズムが違うんだね、クマの中でも。
でも漫画で羆の凶暴さは知ってました。
「銀河」!華さん知ってます~?
めっちゃ古い漫画なんですけど犬漫画の。
大好きな漫画だったんですよ。
久しぶりに思い出して読みたくなりました・・・(笑)
古本屋行ってみよっかなー。
むさしくん、ゆっくり休養してね。
おうち帰れてほんとよかったね!!
プロフィール

☆華☆。

Author:☆華☆。
★武蔵(雑種)
 2006年3月末生
 いわゆる野犬と呼ばれる
 母犬から産まれたという
 ダークな過去を持つ犬。
 育ての親は我が家の猫達。
 すっかり"猫な犬"と化した武蔵ですが、立派な犬を目指します。
現在、華家犬組のリーダーとして、なんとか地位を
 保ってます。

★☆華☆。毎日、毎日、
 犬8匹猫12匹(現在)の
 お世話に明け暮れる
 「お母さん兼お世話係」

★パフ(オス)
 シーズー
 1992年5月25日生まれの
 お爺ちゃん。
2009年4月1日 永眠

★マリン(メス)
 シーズー
 2001年11月20日生
 我が家の女王様。
 犬がキライ。

★ニクス(メス)
 ラブラドール・レトリバー
 (チョコレート) 
 2007年12月20日生
 日々肉体改造に燃えてます。
 全身筋肉の塊のような女の子です。
 華と「警察犬」目指して
 訓練中~。
 ○2009年度
 春季西日本チャンピオン審査会
 若犬牝組
 チャンピオン獲得
 (日本警察犬協会)
 ○2009年度
 秋季西日本チャンピオン審査会
 未成犬牝組
 チャンピオン獲得
 (日本警察犬協会)

★ミミ(メス)
 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
 里親募集をしていたのですが、
 ズルズルと華家に
 居候中・・・・・。
 里親さんが見つかる日は
 来るのか?!

★ローズ(メス)
 ジャーマン・シェパード
 2002年3月3日生
 元警察犬のおばあちゃん(?)
 華のトレーニングにも付き合ってくれる
 元気なシニア!

★茶々(メス)
 ラブラドール・レトリバー
 2008年11月27日生
 華家の大人犬達に甘やかされ
 とっても強気!
 打たれ弱いのが弱点。
 血統書名はアルカディア
 松本先生の漫画に出てくるような
 強く、賢く、美しい犬に成長して欲しい・・。
 
 ★エリス
 ラブラドール・レトリバー
 2009年7月28日生
 (イエロー)
 父母犬ともに英国系
 ドッシリとした骨格の女の子
 明るく元気に成長中~
 審査会出場目指して頑張ってます! 


 

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
カウンター
リンク
里親募集
ホームレスキャット

Amazon
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
クリック募金
捨てペット撲滅
捨てペット
いつでも里親募集中
Amazon
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。